読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みた、こと。きいた、こと。

合言葉はSite Seeing

あらためて「24」(その1)

久しぶりにWeb更新。一気にガツンと書いてみたい。

会社の人に「24見たんですよ〜」などと話をしても、意外に見ていない人が多いことに驚いた。あれ、もっと人気なかったっけ?とか思うんだけど、やっぱりそこら辺は同じような仕事をしている人たちということでやっぱり時間がないからなのかもしれない。かもしれない。

さて、改めて「24」について時間も経ったことだし書いておきたい。なんとなく内容を絞ってシリーズ的に書こうかな、と。まとまりないんだけど。で、これはその1つめ。

率直な感想としては以前*1書いたけど「納得いかねぇ〜」っていうのが正直なところだ。先の見えないストーリー、緊迫した展開には本気で脱帽な所だけど、結局のところ「どう考えてもつじつまが合わない」気がする。っていうか、もっと簡単に暗殺できない?って、マジで思う。マジで。

いや、暗殺が主目的じゃなかったか。ジャックも関係あったか。いや最終的な目標が贅沢過ぎるんじゃないだろうか。ここから先はネタバレ注意。

で、最終的な目標は大きく分けて2つ。
 1.大統領候補の暗殺をジャックにやらせる
 2.ダディー救出
この2つ、実は全く関係がない。たまたま「日にちが同じだった」というだけで、それ以外の何者でもない。いや、「日にちが同じだった」という点ではさらに「犯人の娘と奥さんが殺された日」が同じというのも偶然を通り越してなんとなくわざとらしい。そこまで偶然に日付が重なるか?って感じだ。

で、これらを全部いっぺんにやろうとするから無理が出るんじゃなかろうか。ぶっちゃけていえば「ダディーの救出だけでよかったんじゃん?」と思う。日程的にチャンスが厳しいのはそれだけだし。それに人物関係的に「さされちゃった色男」が直接関係しているだけで、よく考えると背景関係的には独立して実行できるんでは?と思う。

って、俺は誰に文句を言っているんだ?計画を立てた犯人にか?

*1:過去記事→id:kenbot3:20051114:1131924127