読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みた、こと。きいた、こと。

合言葉はSite Seeing

スマホの画面端。

スマホに買い換えてから約半年。慣れたか慣れないか?といえば、持ち歩く事と定期的に充電する事には慣れた。

ただ、未だになれないことはとても多い。

一番なれないことというか、どうしても操作がもたつくのは以下の3つについてである。

  • 文字入力中のカーソル移動
    • 画面タッチによるカーソル位置変更)
  • 電話着信時の通話開始ボタンの押下
    • 画面上のボタンを触っても直ぐに反応しなかったりとか
  • 各アプリの画面操作
    • 上下左右にちりばめられた画面端にあるボタン
    • 特に上部はコンソール画面があるので誤操作する

まぁ、正直に言えば他にもいろいろあるんだけど。そして、今回はこの内最後の1つについて書く。

というか、どうもこの「上下左右にちりばめられた」というボタンが、とてつもなく操作しづらいのだ。片手で持って親指だけで操作しようとすると、かなり不安定になるし、両手でとなるとそもそも電車の中で立ちながらとか難しいし。

本体の下側にある3つのハードウェアボタンのうち、メニューを出すボタンはあるし、そこに基本的な機能が収められていたりする事も多い。この場合は、メニューが画面下部に集中するのでそれほど指を大きく操作しなくて住むので使い勝手はそこまで面倒とはいえないんだが、機能が多かったりするとメニュー自体の階層が深くなったりする問題があるからか、結構このメニューに無い機能が画面のあちこちに配置されていたりする。

どうも、なれない。まるでもぐらたたきの様に指を画面上のあらゆる場所に伸ばして操作するという流れは、両手の場合を除いてマジで使いづらいと思う。

私は男だし、指は比較的長い方らしいので、スマホの中でも画面が大きい方に分類さえるSH-01Dで一応使えているが、女性などはこんな画面のあちこちに飛ぶアプリでは、正直使えないと思う。

あ、もしかして女性がスマホを両手持ちする事が多いのはそのあたりの事情なのだろうか。

マウスと違ってピンポイントに選ぶ事が出来るというタッチ操作は、まるで万能のようにも聞こえるが、その場所をピンポイントで動かさなければならないという意味で、マウスよりも手を動かすのはむしろ大変だと思う。

このUIは将来的に変わるんだろうか。

画面は大きい方がいいが、ボタンがあちこちに飛ぶのであればナンセンスになる。

小さい画面と大きい画面。画面サイズが違うだけでも、UIは当然変わらなくてはならない。

この辺りは、パソコンの画面が広くなったとかとは意味が違う。スマホにおけるUIは、まだまだこれからの様な気がしている。