読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みた、こと。きいた、こと。

合言葉はSite Seeing

献血結果。

個人情報。かなり、個人情報。
まぁ、本人が書いている以上、流出とは言わないが。

過去にも何度も書いているんだけど、自分の数少ない健康管理としてここに記録を残しておく。

前回のショックな部分は解消した模様。ふぅ、やれやれ。

関連記事

血液検査結果 (献血)

年月 ALT  TP   ALB   CHOL  GA   Ht   WBC  
2005/12(H17) 49 7.3 4.9 235 - 46.5 -
2006/12(H18) 31 7.0 4.6 227 - 46.4 -
2007/12(H19) 31 6.8 4.4 220 - 43.9 56
2008/12(H20) 27 7.8 5.1 235 - 46.4 56
2010/06(H22) 38 7.0 4.6 225 13.6 47.6 51
2010/12(H22) 43 7.8 5.1 227 12.7 48.7 55
2011/06(H23) 44 7.3 4.7 239 12.9 48.3 48
2011/12(H23) 57 7.0 4.6 225 12.3 46.9 55
2012/06(H24) 39 7.3 4.5 225 12.4 47.4 51
  • 各項目の単位とか標準値とかそもそもの内容の詳細は省略。

人間の体というのは季節の変動を受けやすいので、本当は同じ時期で揃える方が、いろんな意味で比較しやすいんだけど、いままでもこうなのでそのまま時系列に。

前回ショックだった「ALT(GPT)の急上昇」がすっかり元通りの値に戻っていた事。

ふぅ、マジやれやれ。

実は今回献血する時にも担当の人に言われたのだ。

「前回、肝機能の異常で変動しやすいALTという値が、高かったんですけど何か病院とか行かれましたか?」

やはり。やはり、そういうレベルの数値だったのか。そして、

「あまり高すぎるとせっかく献血していただいても使えなくなってしまいますので、少し時間がかかるんですが先に確認しますね」

と。数分間の後、

「今回は通常の値に戻っていますので、一時的な上昇だったみたいですね」

と言われた。で、結果としても確かに減っていてホント一安心というか。

若干、意識して食事の内容を変えたのが良かったかな?