読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みた、こと。きいた、こと。

合言葉はSite Seeing

Wi-Fiかんたん接続(利用後の感想)。

前回*1、前々回*2と2回にわたってなんとなく書いていたタイトルの件。「docomoのWi-Fiかんたん接続」(Androidアプリ)の使用感というか、結果みたいなものを書いておく。日、だいぶたっちゃったけど。

まず、結論。
「かんたんにつながった」「べんり」
不満点。
「人にもよると思うけど、自分はこれで満足」
かな。うん。

とにかくアプリをダウンロードして、Mzoneのログイン用のIDとパスワードを設定して、アクセスポイントの所で使えばいい感じ。やってみたらあっけないぐらいかんたんでいい感じ。

自分は満足と書いたのは、もともとそれほど「そういう場所に頻繁に行かない」からかも知れない。
そこで、一応そういう方を想定して、たぶん出るであろう不満点については、以下の通り書いておく。

たぶん不満になりそうなこと
自動的にログインはしてくれない
ログインできる場所に行って、自分でログイン操作をしなくてはならない。かんたんログインなだけであって、「自動ログイン」ではない。割りきりが必要。
自動的にアクセスポイントを探してくれない
ウィジットをホームに設定しておくと、アンテナ表示になり、電波強度を表示させる事ができるけど、通常はオフ状態で勝手に探してくれたりはしない。また、勝手にアクセスポイントを探して教えてくれるわけではない
通知バーからログイン画面を表示してボタンクリックが必要
エリア内でウィジットをクリックすると、自動的に接続の手前までやってくれるが、実際には通知バーに「ログインできます」と表示されて、その通知バーからログイン画面を表示し、ボタンを押さなければならない。そういう意味では、3ステップ必要になる。
Wi-Fi接続はONにする必要がある
当然ではあるが、Wi-Fiアクセスポイントを探す為、Wi-Fi接続については常にONにしておく必要がある。絶対に使わないと判っていたら、通常時はOFFにしておいても特に問題はない。ウィジットをタップすると「ONにするか」の確認がされるダケの話である。バッテリーは食う。
Mzoneエリアにしか対応しておらず、ローミングが出来ない
別途料金は発生するローミング接続については、対応していない。アクセスポイント名が「docomo」のものだけ。他のローミング接続については、今まで通りのブラウザからのログイン処理が必要。
外出時にアクセスポイントを探すのに3G通信が必要
必要と断言する話ではないが、外出中に知らない場所でアクセスポイントを探そうとして検索をする場合は、当然3G通信でのエリア検索となる。3G通信でのパケット量を減らしたくてWi-Fiポイントを探すのに、まず3G回線で場所を探さなくてはならないという矛盾。ただ、場所を知ってしまえば、あとは毎回探す必要はないし、事前に自宅などのWi-Fi環境で探す分には3G通信はもちろん必要ない。
現在地検索にGPSを利用する
これは普段GPSをOFFにしている人は、当然「現在地からのアクセスポイント検索」が利用できない。ただ、これは利用する前にGPSをONにし、位置捕捉が終わってからこのアプリを起動すればいいので、あまり大げさな問題ではないかも。まぁ、それすらメンドクサイ人にとっては、バッテリーを食うという問題がある程度の話。
ウィジットアイコンがダサい
ウィジットアイコンが半透明化しておらず、他のアイコンに比べてかなり浮く存在。また、電波強度を表示してくれるのは便利だけど、アイコン全体で表示されるのでデカ過ぎてダサい。機能的には悪くないと思うんだけど。

こんな所かな?
Wi-FiをONにしなくてはならないとか、GPSをONにしなくてはならないとかいう点については、どこまで気にするか?であるので、今の利用でONの人なら気にする話じゃないし、普段OFFの人も、必要時にONにすればいい程度の話。
上記の点を踏まえても、個人的には「便利」というのが正直な感想である。
実は。
ローミングで別料金がかかることをいまいち把握していなかった時に、アクセスポイントとしてSSIDを登録したことがあった。
このアプリを入れるまでは、日常的に「Wi-Fiは手動でOFF」をして移動していたんだけど、このアプリを入れてから「Wi-Fiは常時ON」にしている。
このことでのバッテリー消費量の変化は高が知れていたという点で安心していたのだが、登録していたローミング先のアクセスポイントの近くになると、移動中でも頻繁に接続に行っていたことを最近知ったのだった。
ただ、当然としてログイン画面が表示されるだけで自動で接続されて追加料金を請求される感じで困ったことになったワケでもないし、メールの受信などに影響が出たとかそういう話はないが、一時的にでもいちいち切り替わるという現象に、「なるほど。これは気持ち悪い」と思ったのだった。
なので、「タップ3回程度で自分で接続の操作をする必要がある」というのと「接続先はdocomoだけ」というのは、ある意味仕方ないのかなと思っている。少なくとも自分のイメージとしては十分。
最も、「もっとアクセスポイントを増やしてよ!」という思いはある。
正直な話、アクセスポイントが少なすぎて利用する気にならないというのが一番の問題な気がするから。

*1:Wi-Fiかんたん接続(インストール後の感想)。:過去記事⇒id:kenbot3:20120201:1328086169

*2:Wi-Fiかんたん接続。(ドコモ):過去記事⇒id:kenbot3:20120131:1328011253