読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みた、こと。きいた、こと。

合言葉はSite Seeing

『心臓発作』

タイトルじゃわかりにくいけど、『夢』の話。
昨日、なんだか不吉な夢を見た。といっても、よく考えてもいまいち何だかわからない。
なので、とりあえず記録をしておくことにした。
そう、これは夢の話。なので、深刻に考えない方がいいのかもしれない。

とりあえず、自分は温泉旅行に来ていたんだと思う。もしくは銭湯だと思うが、自分が銭湯に入っているシチュエーションは想像し辛いので、たぶん温泉なんだと思う。いや、スーパー銭湯っていう可能性もあるか。
むろん、男風呂。しかし、その周りには自分の知り合いはいなかったらしい。
湯船に向かう途中、何人も人が行きかっている。裸の王様の行列。そんな感じ。
ふと、右側に目線をそらすと、タオル一枚でうつ伏せで倒れている人がいる。床に。
行きかう人たちは誰も気づかない。
さすがに、のぼせている人かな?でも、うつ伏せって変じゃない?と思って、列から一旦離れてその人に近付いた。
『だいじょうぶですか〜』
と、声をかけるが反応がない。
さすがに、これはヤバイかな?と、誰かを呼びに行こうとした瞬間、その人の体が急に青ざめて痙攣を始めた。
うわーっ!これはヤバイ!!!心臓発作か何かか?これは!
と、慌てて周りの人に声をかけて、番頭さんを呼んでもらおうとして。

・・・というところで、目が覚めた。
人間って、こんなに全身が真っ白になるのかと考えていながら。

夢だったから、もちろんそんな人はいなかったんだけど、そもそもなんでこんな夢を見たのかいまいち判らない。