読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みた、こと。きいた、こと。

合言葉はSite Seeing

テレビの友チャンネル (最初の感想)

早速試してみた。最初の感想は「よく作ろうと思ったな」である。

まず、報告としては「ちゃんと動いた!」である。ま、そりゃそうだろうけど。もうね、いろんな所で頑張っちゃったなぁ感がある。もちろん褒めているんだけど、これが定着するかはこれからにかかっている感じ。

なぜならば、録画が出来るわけじゃないし、スタンプを押した番組に自動的に切り替えてくれたりするワケじゃない。スタンプは、あくまでも「自分の為のリマインダ(メール送信)」と、「他の人達との情報共有」の為だからだ。

前者はいい。メールが届くのはそれはそれで面白いし便利だ。パソコンではそういうものも今まであったが、「家電」ではなかったと思うし。

だが、後者はどうだろう。知らない誰かの為にするということは普通しない。もちろん友達の為って考え方も出来るが、それなら普通「録画」する。もし、友達が見れなかった時の為に。

そうなると、「録画するのはビデオデッキで番組表を操作して予約」し、「リマインダとしてWiiで番組表を操作して予約」となってしまい、二重管理になってしまう。

それじゃたぶんどちらかが使われない、と思う。


他にも気になった事があるので、別記事にしてちょっとまとめてみたい。あとで。

関連記事
  • テレビの友チャンネル (導入前編)  ⇒ id:kenbot3:20080304:1204620867
  • テレビの友チャンネル (最初の感想) ⇒ id:kenbot3:20080304:1204638607
  • テレビの友チャンネル (設定編)   ⇒ id:kenbot3:20080304:1204641502
  • テレビの友チャンネル (の未来編)  ⇒ id:kenbot3:20080304:1204642906
  • テレビの友チャンネル (現実編)   ⇒ id:kenbot3:20080304:1204677534