読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みた、こと。きいた、こと。

合言葉はSite Seeing

ペットリード。

犬を飼っている「夢」を見た。以下、夢の話。

昔、一緒に住んでいた犬と犬種は違うけど、雰囲気は一緒だった。いや、呼んでた名前は同じだったと思う。体の大きさも同じぐらいの小型犬だった。
お散歩に連れて行こうと思ったんだけど、まともなリードが無い。用意されていたリードはキラキラと「☆」とか「ハート」とかの装飾がされていて、手や指を通す輪になる部分がなかった。手に持つ側には最近の携帯電話のストラップでは普通にある「根付」が付いているだけであり、それを掴む感じだった。心もとない。
「これ危ないなぁ」「指が抜けそうだ」「そもそも持ち辛い」などと心の中でぶつくさ言いながら大喜びする犬を連れて散歩に出かけた。
案の定、公園に向かう途中の道で何かに興奮したのか犬が突然走り出し、手からリードが離れてしまい、草むらの中に消えてしまった。
一瞬気付かず、あわてて名前を呼びながら探した。周りには車も走ってる。かなり焦った。
幸い、直ぐに犬の方から戻ってきてくれたが、やっぱりこのリードは良くないな〜と思った。

という程度の夢。たぶん、このリードは自分が買った物じゃないんだと思う。じゃぁ、誰が?とかそういう話でもないんだけど。
今でも気になってるんだな。いろいろと。