読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みた、こと。きいた、こと。

合言葉はSite Seeing

焼きカレーグラタン

カレーを作ると、2〜3日は持つ。しかし、3日目ともなると流石に飽きてくるので、それなりに違うメニューに切り替える訳だが、その中でも定番なのが「焼きカレー」だと思う。ちょっと前まで珍しい系のメニューだったけど、最近は普通っぽい感じのメニューになっている。

まぁ、そういう意味でカレーを沢山作っちゃった時の常套手段でもあるかもしれないが、逆にレトルトカレーを使えば、即席のおもてなしメニューにもなるということを覚えておくといいかもしれない。普通にカレーを出すより喜ばれることも多いし。大人も子供も大好きなカレーだし。一手間入れるのでレトルトと思われないし。

【材料】

  • レトルトカレー
  • ライス (マカロニとかでもOK)
  • ソーセージ
  • ジャガイモ
  • とろけるチーズ
  • 塩コショウ
  • 好みで ゆで卵 とかいろいろ

以上!

量は基本的にテキトーで。こういうのは、自分の感覚が大事だ!
っていうか、強いて言うならレトルトカレー1つで「2人分」が目安だ。1人分にしようとすると、結構な量になってしまう。小さめの耐熱皿だとあふれる恐れがあるので要注意だ。

【作り方】

  • ジャガイモをレンジでふかして軽く潰しておく
  • ソーセージを食べやすいサイズに切っておく
  • グラタン皿にご飯を敷き詰める
  • その上にジャガイモを乗せる
    • 塩コショウで軽く下味をつけるとなお良し
  • レトルトカレー(暖める必要なし!)を上にかける
  • ソーセージとかお好みの具材をデコレート
  • チーズを上にかぶせて
  • オーブンで2〜30分焼き上げれば出来上がり!

っていうか、一言で言えば「カレーライスをとりあえず焼いておけ」だ。まさに想像通りの味になるだろう。特に難しいところも無いし、失敗するところも無い。強いてあげるならば「焼き上げる時間」だが、180度の温度で25分ぐらいがひとつの目安だ。ジャガイモを入れるのは私の好みだが、コレを入れるだけでなんとなく手作り感が当社比で2倍ぐらいにはなる。レトルトカレーに残る本来の水っぽさもジャガイモが吸収してくれたりするし、ジャガイモが多いと幸せ感が倍増する。あと、ソーセージを入れるのもグラタンっぽさのアピールで結構重要。チーズの上にマヨネーズを掛けても美味しいと思う。ま、何でもありだ。

ライスをターメリックライスにしたり、ガーリックライスにしたりだとか、事前に炒めたタマネギを用意するだとか、いろいろ手を入れられる要素はある。自分なりのアレンジを考えてみながらチャレンジしてみると、結構楽しかったりする。レトルトカレーじゃなくて、3日目のカレーでやってももちろんOKだ。

アディオス!