読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みた、こと。きいた、こと。

合言葉はSite Seeing

誘われて。。。(にらいかない)

今日は突然、飲み会に行くことになった。若手の人達だけのライトな飲み会。場所は沖縄料理の店らしい。なにやらおいしそうだね。
「沖縄」は結構好きだ。もともと寒がりなので、暖かいところが好きというのもある。だからここ3年ぐらいは立て続けに沖縄旅行を春先にした。沖縄といっても「本島」ではなく「八重山」だったけど。石垣島とか西表島とかあの辺り。本島の方にももちろん行ったことはあるんだけど、一度八重山に足を運んだらそっちの虜になってしまった。同じ沖縄とは思えないまったく違う世界だった。
最初に沖縄を訪れたのは高校生の時だった。修学旅行で沖縄と九州を回ったのだ。こう言うと、周りの人たちは必ず口をそろえてこういう。「うらやましい」と。しかし、現実は違った。沖縄だけならともかく、九州を含めて4泊5日。沖縄2泊、九州2泊だ。最初に沖縄まで飛行機で飛び、着いた頃には既に午後。バスで移動してチェックインして終わった1日目。主要観光施設をバスで回っただけの2日目。九州に移動する為に3日目は朝早くからバスに乗り込んだ・・・と、自由時間が0の沖縄だった。沖縄にいった意味は何だったのかと未だに思い悩む修学旅行だった。
再度、沖縄を訪れたのは社会人になってからだ。ちゃんと沖縄を体験した方がいいと思った。修学旅行時代に出来なかった「市内観光」がとにかくしたかったのだ。しかし、那覇市内をウロウロしていた時に感じたのは、なんだかゴチャゴチャした観光地だな〜という求めていた開放感とは違うイメージだった。暑い日差しの照りつけるアスファルト、路上にはバスやタクシー、そして普通の車があふれ、照り返しと排気ガスでムッとする感じだった。海岸に出ようと思っても、全てホテルや宿泊施設などにより管理されていて、勝手に降りて遊ぶようなことも出来ない。満喫できないまま終わった。
それ以来しばらく足を運んでいなかった沖縄だったが、石垣島西表島、そして竹富島に行ってから考えが変わった。
「なんだ、ここが沖縄なんじゃないか」
と。話が長くなったのでこの辺で。今日の飲み会が、ちょっと楽しみ。