読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みた、こと。きいた、こと。

合言葉はSite Seeing

キングダム・ホスピタル

スティーヴン・キングのキングダム・ホスピタル DVD HALF-BOX ?

嫌いという訳じゃなくて、連続して時間が取れない関係で最近はほとんど見ていなかったドラマだったが、久しぶりに全部見たのがこの「キングダム・ホスピタル」だった。
ハッキリ言えば「面白かった」。けど、うーん?と思う部分も少なくはなかった。
表現として面白かったのは「狭間の世界」を演出していたことだ。人間の世界と重なるように存在する狭間の世界は、人と霊とが常に出入りをしている同じ空間だ。だが、それぞれは見え方が異なり、通常は影響を与えあうことはない。(見えたり、ぶつかったりすることはない)だが、霊に敏感な人や霊体となった人にはその世界に触れる事が出来たり、逆に強い霊力を持つ霊は人間界に出没する事が出来たり、影響を与えたりする事が出来る・・・と。
この狭間の世界で繰り広げられる人と霊との干渉がストーリーの肝となっているのだ。
そういう話が好きな人なら見ても楽しめるかもしれないが、最初の頃に感じていた恐怖感は最後の方には感じられなくなっていた。それがうーん?という部分でもあるのだが、なんだか「どたばた喜劇」の様な感じにも読み取れるのだ。
特にラストの「過去は変えられる」というシーンに至っては、悲劇を無理矢理にハッピーエンドにしようとしている感じでなんとなくあれ?といった気分だ。

ちなみに原作はバッドエンドらしい。かなり救いようのない。なんか、そっちの方が気になってきてしまった。今度機会があったら手に取ってみよう。