読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みた、こと。きいた、こと。

合言葉はSite Seeing

不都合な真実

気晴らしに映画の話題でも書いてみる。何年か前にやたらと話題になったこの映画について。地球環境の問題を正面から取り上げたドキュメンタリータッチの映画という点で、かなり注目され、地球温暖化を啓蒙する話としてメディアに多く取り上げられた。そうい…

千と千尋の神隠し

昨日の「紅の豚」から一気に時代が進んで「千と千尋の神隠し」まで飛ぶ。2001年の作品。途中の作品はあまり書く気がしないのでとりあえずスルーする。スルーする。 この映画は最初映画館で見た・・・が、途中で退席した。別につまらなかったからと言う訳じゃ…

紅の豚

見たジブリの映画を順番に書くと宣言して、またしばらく放置してたんだけど、改めて書ける所から書いていくことにする。で、今回はこのタイトル。「紅の豚」。とりあえず掴みの駄洒落として、「ひどいっ!私の料理、食べてくれないの?ブタもやしだからって…

魔女の宅急便

今週は「ジブリウィーク」と題しまして(題してないけど)ジブリ作品を順番に紹介して行っているワケだが、今回は「魔女の宅急便」になる。といっても、さすがにコレだけ有名な映画だと、ストーリーを紹介したりするのはもう恥ずかしくてやってられない。た…

火垂るの墓

映画の日記を書くと決めたとき。いつかこのネタを書かなくちゃいけないよな〜と漠然と考えていた。いや、もしかすると今までジブリのネタを書かないで来たのは、この映画にイヤでも触れなくてはならないから・・・だったのかも知れない。そう。そのぐらい書…

となりのトトロ

ジブリ作品を順番通りに紹介して行くと、ラピュタの次は「となりのトトロ」だ。同時上映的には「火垂るの墓」なんだけど、レビューは別に同時公開しません。っていうか、出来ません。さて、今から丁度20年前の作品で、そう考えるとすごい前!って感じがす…

天空の城ラピュタ

先日書いたナウシカ*1と並んでジブリの代表的作品のひとつなので、もはや説明の必要はないだろうと思う。 以前、一度だけコメントした事がある*2通り、私の中では未だにジブリ作品のトップに位置し続けている。そんぐらい好きなアニメ。多分、軽く二桁は見て…

風の谷のナウシカ

もはや、ストーリーとかを語るのもおこがましいほど有名な作品。やはり、ジブリ作品を語るにはまずこの作品から始めなくてどうする!的な作品。とはいえ、正確に言えばジブリではなくて、その前身である「トップクラフト」の製作。1984年。って、24年も前…

リロ&スティッチ

2001年に登場してから、今なおキャラクターには人気があり、関連グッズも途切れることなく売れているこの映画、「リロ&スティッチ」。実は、今まで一度も見たことがなかったので、することなくソファーでグダグダしていた土曜日にこれを見た。名作との聞こ…

メジャー・リーグ

多分、もう何回みたか判んないぐらいは見ていると思うこの映画。「メジャーリーグ」。シリーズとして3ぐらいまで出ていたと思うので、結構知っている人も多いと思う。 という訳で、あまりネタにするような映画じゃないんだけど、別にマイナーな映画ばかりを…

ダーティ・ハリー4

人気「ダーティ・ハリー」シリーズの第4弾。ちなみに原題は「SUDDEN IMPACT」。このシリーズっぽくないタイトルにも感じる。映画を見終わった後なら、このタイトルも納得できるのかも知れないけど、このまま邦題にしても誰も判らないと思う。結局はそれが結…

ダーティ・ハリー3

人気「ダーティ・ハリー」シリーズの第3弾。ちなみに原題は「THE ENFORCER」。"enforce" とは「(法律などを)施行する」とか「強いる、押し付ける」の意味。とてもこのシリーズらしいタイトルだが、やはりこのまま邦題にしても誰も判らないかも。ちなみに…

ダーティ・ハリー2

人気「ダーティ・ハリー」シリーズの第2弾。ちなみに原題は「MAGNAM FORCE」。このシリーズらしいタイトルですけど、確かにこれを邦題にしても誰も判らないかも。実を言うと、私はこの作品は余り好きじゃない。主人公のハリーことキャラハン刑事の見所は随…

ダーティ・ハリー

「映画日記」と銘打っているワリに、シリーズモノになっているメジャーな映画のタイトルはあまり紹介していなかった気がする。特に他意はなくて、メジャーであるが故に「書くまでもない」と思っていた節があったのかもしれない。しばらく前の話、ふとTVを…

U-571

「潜水艦が活躍する映画って知ってる?」 と質問されたら、たぶんかなりの人が「うん、知ってる。」と答えるとしても、そもそも潜水艦の映画って、古くは「眼下の敵」から「レッドオクトーバーを追え」「クリムゾン・タイド」*1 など、古くから沢山作られて…

バックドラフト

「消防士が活躍する映画って知ってる?」 と質問されたら、たぶんかなりの人が「うん、知ってる。バックドラフトでしょ?」と答えるんじゃないか?という程、有名なこの映画。 今更感想とか書いても仕方が無いんじゃないか?と思うんだけど、とはいえ「じゃ…

交渉人

ネゴシエーターとは交渉人のこと。という訳で、邦題として紛らわしくも同じタイトルが付いている2つの映画を一緒に紹介しておく。こっちは(日本語の)「交渉人」の方。でも、原題は「THE NEGOTIATOR」(1998年)だったりする。つまりはアレだ。先に名前を使わ…

ネゴシエーター

ネゴシエーターとは交渉人のこと。という訳で、邦題として紛らわしくも同じタイトルが付いている2つの映画を一緒に紹介しておく。こっちは(英語の)「ネゴシエーター」の方。でも、原題は「METRO」(1997年)だったりする。とはいえ、原題がなぜ「METRO」なの…

えびボクサー

TVでやっていたので録画して週末に見た。 「看板に偽り有り!」という言葉を使っていいのなら、このパッケージは「偽り有り」だと思う。どうみても伊勢海老が奮闘しているように見えるけど、実際に出てくるのは「シャコ」だし。エビじゃないし。パッケージ…

ニューオーリンズ・トライアル

なんとなく前から見たかったんだけど、法廷モノって事で頭を使いたくなくて見るのをちょっと敬遠してたこの映画。意を決して(って程じゃないけど)見たら今まで敬遠してたのがバカらしいほどスカッと爽快で面白い作品だった。以下、ちょいネタばれ。 とはい…

ミスター・ルーキー

最近は余り映画を見たりしていなかったんだけど、上に書いた通り「する事がなかった」んで、録画されていたこれを見た。主役が「長嶋一茂」だし、正直それ程期待していたわけじゃなかったんだけど、(ラストはともかく)自分が想像していたより面白かったの…

県庁の星

いわゆる「サクセス・ストーリー」にあたる映画は大好きである。 見ていて高揚感があるし、見終わった後の爽快感は、下手なアクション映画の比ではなく、スッキリとするものがある。というか、アクション映画の場合は「周りの被害はどうでもいいんかい!」っ…

フライト・オブ・フェニックス

今日見た映画じゃないんだけど、しばらく前に見たのを急にふと思い出したので書いておく。砂漠に不時着した貨物機の乗組員達の生き残るための葛藤と、様々な障害に見舞われながらも脱出を試みるサバイバル活劇。だと思う。簡単に解説すると。 面白かったか、…

ジョーズ

あえて多くを語る必要なく、この映画はよく出来てますね。(棒読み)まぁ、棒読みにしたのは、取り上げるのが今更な映画だからで、悪意はありません。そもそもこの映画は今まで何度見たことか!でも、製作から30年経った今でも、映像的に古さ(特にファッ…

ダニー・ザ・ドッグ

[DVD]" title="ダニー・ザ・ドッグ DTSスペシャル・エディション [DVD]" class="asin">後で書く。たぶん。

スカイ・ファイター 地獄の最終指令

書くか書かないか悩んだんだけど、見たものはやはり書いておきたいと言う気持ちと、そもそも書いておかないとまた見てしまうかもしれないという気持ちが入り混じるような微妙な作品。 しかし、DVDが出ていないのか検索しても出てこない。ちなみに、原題は…

シックス・センス

この映画。何度見ても良く出来ていると思う。かなり好きな映画の1つだ。以前、違う映画でこっそりネタにした*1事があるぐらい。 実は気になるところは沢山ある。でも、あんまりそういうことを細々と書くよりも、この映画はまず見て素直に感じた方がいい。な…

ディープ・ブルー

この映画を「好きか」「嫌いか」の2択で選べといわれたら「好き」と答えると思う。ナショナル・ジオ・グラフィック・チャンネルだとか、ディスカバリー・チャンネルだとか好きだし。古くは「マチャアキ海を行く」なんか大好きでしたし。ってしらないか。し…

逃亡者

ハリソン・フォード。もうね。た・ま・ん・な・い。 この日記でも以前から何度か紹介*1 *2 *3 してきた。この映画も多分3回ぐらいは見ているハズなんだけど、何回見ても面白いな〜と思う。まぁ、たとえば有名なダムから飛び降りても無傷な所とか、その前の…

シックス・デイ

「クローン」や「遺伝子(DNA)」をネタにしたお話しは数多くある。シリアスなテーマ*1だけじゃなく、コメディーっぽいもの*2もある。今の時代、決して珍しいテーマじゃないし、それは今の時点では答えの無い難しい問題であるからこそ、こうやっていろい…

ホット・スポット

「とかくこの世は "愛とエロ" だ」と誰がいったか知らないが、とりあえずそんな感じの映画。サスペンスに愛とエロは付き物ですし。まぁ、ちなみに一応褒めてます。 映画としての完成度はどうかとかストーリーはどうかとかいろいろな部分はおいておいて、とり…

世界の中心で、愛をさけぶ

たまたま台風が来ているこんな日に見た訳なんだけど、それ自体は特に狙ったわけでもなんでもなくて。 で、見た直後の感想というか一言を言わさせていただくと、 六畳間の中心で『恥ずい〜っ!』とさけんだ ワケで。いや、マヂで。事実で。 正直に言うと「ま…

アメリカン・スプレンダー

この映画、面白いと思った。いい意味でも、悪い意味でも。 映画の中の主人公は普通、作られた主人公である。だが、この映画の主人公は実在する。それって「ノンフィクション」なんじゃん?と言えば、それはその通りかも知れないが、「この映画も含めて主人公…

リッチー・リッチ

見た。今、かなりやる気なし。それは映画のせいじゃないんだけど。マコーレ・カルキン。ほら、あれですよ。ホームアローンとかに出てた子役の子ですよ。同じ世代ぐらいの人なら知らない人はいないと思うけど。その後も何かとニュースの絶えなかった人だし。…

21g

見た。今、かなりやる気なし。それは映画のせいじゃないんだけど。前から見たかった映画。「21g」と書いて「21グラム」と読む。 公開されたのはこの映画日記が始まった頃だった記憶がある。その頃から見たかった。「人間は死ぬと体重が21g減る」とい…

沈黙の聖戦

見た。今、かなりやる気なし。それは映画のせいじゃないんだけど。スティーブン・セガールの代表作「沈黙シリーズ」の1つ。 ストーリーを簡単に説明すると、 CIAを辞めてから10年。幸せに過ごしていたセガールだったが、タイに恋人達とバカンスに行っ…

沈黙の要塞

見た。今、かなりやる気なし。それは映画のせいじゃないんだけど。スティーブン・セガールの代表作「沈黙シリーズ」の1つ。 ストーリーを簡単に説明すると、 爆発物の取り扱いスペシャリストのセガールが、雇われていた石油会社の不正に気付いたが、逆にテ…

子ぎつねヘレン

前から見たかった映画。あまり深いことを考えないで言葉にするならば、とてもいい映画だと思う。目も見えない、耳も聞こえない親のいない子ぎつねヘレンと、母親が海外出張でいない太一との出会いと成長のお話し、です。まぁ、有名なお話だから細かいところ…

コンフィデンス

一言で言えば「コン・ゲーム(Confidence Game)」な映画。 判りやすくいえば「詐欺師の映画」だ。それ以上でもそれ以下でも無い。だが、それはいい意味で。テンポ良くストーリーは展開するし、「あーっ!もーっ!ワケわかんない!」っていう感じも無い。登…

トロイ

ストーリーをあえて多く語る必要なんて無いような「トロイの木馬」を題材とした映画。決して、GTOに出てきた「野村朋子(通称:トロ子)」が主人公の映画、 ちょっと鈍い女の子のハートフルラブコメディー〜 あの娘、ちょっとトロイからムカツクのよね 〜…

エア・バディー

ここ何年かのディズニーのアニメはあまり好きじゃないって話しを以前書いたことがある*1けど、実写映画はその逆にいいものもそれなりにあると思う。もちろん、実写映画の方が(配給として)アニメより多いだけなのかもしれないが、以前書いた「フラバー」*2…

コラテラル・ダメージ

この映画を評価するのは難しいと思う。いや、ストーリーはそれほど難しくないし、内容的にも決しておかしいという訳でもない。むしろ、エンターテイメントとしての映画、アクションとしての映画などの側面から考えれば、それは結構いい作品だと思う。じゃぁ…

ドラゴン・ハート

この映画は5年くらい前に見た。その時は「最近はCGもすごくなって面白いな〜」なんて感じで、盛り上がった気がする。なんとなく。 改めて見てみたんだけど、今見ると「どうなんだろう?」って思った。ちょっと大人になったのかも知れない。視点が。 まぁ…

ザ・チェイス

この映画を最初に見たのは何年前だろう。全く持って覚えていない。 そんな訳で、タイトルもすっかり忘れていたんだけど、録画してあったコレを再生して最初の2分ぐらいで気が付いた。「あ、コレはもしかしてアレか?!」と。・・・というぐらいインパクトが…

ベイブ

過去に何度か動物系の映画をネタにしてきた(コレ*1 とかコレ*2 とかコレ*3 とかコレ*4)私が書いてそうなタイトルなのに、今まで紹介していなかったのがちょっと自分的に意外だったので書いてみることにした。動物の映画で「ブタの赤ちゃん」が主人公のお話…

ブラックホーク・ダウン

どう表現したらいいのか困る映画だった。というか、見終わった後に気分が悪くなった映画だった。映像が暴力的だとかそういうことじゃなく、この映画の意味みたいなものを考えて気分が悪くなった映画だった。もう二度と見たくないと思った映画だった。 この映…

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

2作目を紹介*1してからかなりの月日が経ってしまったが、このシリーズの3作目である。ストーリーについてはもう説明の必要はないだろう。感想を端的に述べれば『いい意味で3作目だったな〜』だった。それは2作目の時にも感じたように、1作目では説明不…

WASABI

この映画はかなり昔に見たことあるんだけど、録画してあったのでGW中だったかに改めて見てみた。この日記に今まで書いてなかったし。で、結論的に言うと「日本映画的フランス映画」である。泥臭いところとかはとことん日本映画的。笑いの要素でちょっとフ…

ナイロビの蜂

去年の6月頃、カレラと映画を見に行ったことがある。2本立てで。1本目に付いては以前書いた*1 が、2本目*2については書くのを忘れていた。ってことで思い出して書こうと思うんだけど、それがこの作品だった。ちょっとうろ覚えなところがあるので、簡単に…

スーパーサイズ・ミー

ちょっと前に話題になったこの作品。会社の後輩がDVDを貸してくれたので、忘れる前に見ておいたんだけど、これも忘れる前に書いておきたい。映画を簡単に説明すると、 30日間、朝昼晩とマクドナルドのメニューだけを食べ続けると人間はどうなっちゃうの…